« 純米酒&wine BAR EMON | トップページ | のんびり »

2013年12月28日 (土)

『三日間の幸福』

Image
三秋縋先生の、げんふうけいからの作品文庫化第2弾。
読み始めました。

げんふうけいで既に読んでいた作品でしたが、文庫向けの加筆が素晴らしく、Web版と対比しつつ新しい作品として読めるので面白いです。

例えば、
「彼女が隣にいた頃の俺は、常に、よい意味で張りつめていた。俺が情けないことをすれば彼女に笑われるし、俺が何か優れたことをすれば彼女が悔しがってくれる」
なんて子は、Web版を読み返せばこの子だけどって程度にしか登場しないワケで。

これがあの話のどういう伏線となっているのかな?とか、元を知ってるからこそのワクワク感を持ちながら読んでます。

自分の『寿命』『時間』『健康』が換金出来るとしたら。
私だったらある程度の寿命を売っちゃって、ギリギリ最期に『健康』を売るかな。
買い手がいるなら、そのまま死んじゃうの勿体無いし。(ドナー提供みたいなモノ?)
ただ、『寿命』と『時間』の違いは忘れちゃったから読み進めないと分からないけど、『時間』は売りたくないなぁ。

fafoo
http://fafoo.web.fc2.com/

【Apple:iPhone5(SoftBank)】

|

« 純米酒&wine BAR EMON | トップページ | のんびり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101938/58833139

この記事へのトラックバック一覧です: 『三日間の幸福』:

« 純米酒&wine BAR EMON | トップページ | のんびり »