« 桜終盤 | トップページ | 日曜日の桜 »

2014年4月 9日 (水)

『白ゆき姫殺人事件』

Shirayukihime
先日、観て来ました。

以下、あまりネタバレにならない様に気を付けますが、ネタバレになるかも。
観終わって「怖かった?」と聞かれたのですが、まずは「不気味」とだけ。

終盤まで、本当に"城野美姫"が犯人なのか、何が真実なのか、なかなか見えて来ない。
でも、それこそがネットや報道の現実なんだろうな、と。
与えられた情報が、受け取り側の『真実』になってしまう。
そもそも情報なんて、提供側の都合の良い様に書き換えられていくのに。
でも、城野自身も自分がどんな人間なのか分からなくなっていく中で、他人の言葉に惑わされず、自分の目の前の『城野美姫』を真実として見てくれる存在があって、城野は良かったなと思う。

勝手に騒ぎ立ててるのって、大概『部外者』や『他人』なんだよね。

【Apple:iPhone5(SoftBank)】

|

« 桜終盤 | トップページ | 日曜日の桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101938/59438332

この記事へのトラックバック一覧です: 『白ゆき姫殺人事件』:

« 桜終盤 | トップページ | 日曜日の桜 »